FAQ (よくある質問 Q&A)

    更新日:2013年1月27日
  アプリケーションの認証状況(IDや有効期限などの情報)は、PCのどこに保存されますか?
  MA-Manager と CSM_Activation.DLL のソースコードは購入できますか?
  複数のアプリケーションに対応できるので、他の MA-Manager 利用者が私の .MAD ファイルを使えますか?
  Request.Key と Activation.Key の内容を素早くコピーする方法はありますか?
  エンドユーザーの情報は、何をどうやって管理するのがいいでしょうか?
  PC のトラブルでリカバリーしましたが、再度 MA-Manager を利用するにはどうしたらいいですか?
  認証状況を他の PC に移転できますか?
  MA-Manager を Windows 8 にインストールするにはどうしたらいいですか?
     
     
     
     
     
 

■アプリケーションの認証状況(IDや有効期限などの情報)は、PCのどこに保存されますか?

 
  • 例えば MA-Manager の場合、レジストリの以下のフォルダに保存されます。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\CSM_Activation\MA-Manager
  • また、下図のようなアプリケーションでは、末尾のフォルダ名が SampleApp になります。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\CSM_Activation\SampleApp
  • この内容は CSM_Activation.DLL によって作成され、認証状況によって書き替えられます。
  • 但し、CSM_Activation.DLL によって削除されることはなく、アプリケーションの削除後も残ります。
  • なお、重要なキーは特殊な方法で暗号化されているので、他の PC にコピーしても役に立ちません。
 
 

■MA-Manager と CSM_Activation.DLL のソースコードは購入できますか?

 
  • 申し訳ありませんが、以下の理由でソーコードは販売していません。
  • ソースコードを販売すると、認証を偽装するツールの開発が可能となります。
  • 認証を偽装するツールが出回ると、アプリケーションの開発者に多大なご迷惑をおかけする可能性が増します。
 
 

■複数のアプリケーションに対応できるので、他の MA-Manager 利用者が私の .MAD ファイルを使えますか?

 
  • はい、使えます。
  • .MAD ファイルは単純なテキストで、アプリケーションの略名と暗号化キーワードなどで構成されています。
  • MA-Manager を利用していれば、アプリケーションの略名はレジストリを見るだけで分かります。
    そして暗号化キーワードはプログラムの中に隠されていますが、何らかの方法で知ることができれば、
    簡単に .MAD ファイルを作成することができます。
  • そのため、『暗号化キーワード』は絶対に外部に知られないようにしてください。
 
 

■Request.Key と Activation.Key の内容を素早くコピーする方法はありますか?

 
  • はい、あります。
  • お客様の情報をデータベースに素早く登録できるよう、MA-Manager には以下の機能があります。
  • Request.Key と Activation.Key は単純なテキストですから、メモ帳で開くことができます。
    しかし、いちいちメモ帳で開くのは面倒なため、以下のタイミングでクリップボードに転送されます。
  • Request.Key の内容は、MA-Manager で[参照(U)...]した時点で、全体がコピーされます。
  • Activation.Key の内容は、MA-Manager で[作成実行]した時点で、全体がコピーされます。
 
 

■エンドユーザーの情報は、何をどうやって管理するのがいいでしょうか?

 
  • 例えば、Access データベースを利用した場合の例を示します。
  • データベース設計の例
  • データ入力フォームの例
  • Request.Key ファイルの内容を保管しておくことで、いつでも別の有効期限の Activation.Key を作成できます。
 
 

■PC のトラブルでリカバリーしましたが、再度 MA-Manager を利用するにはどうしたらいいですか?

 
  • 先にご理解いただきたい点として、MA-Manager は1台の PC につき必ず1本購入していただく必要があります。
  • リカバリーされた場合は、認証に関する情報が完全に消えているので、試用のお申し込みからやり直しとなります。
    但し、新規で購入していただく必要はありませんが、再認証費用として \1,000- が必要です。
  • リカバリーによる再認証のお申し出と共に、試用をお申し込みになり、再認証費用の \1,000- を送金してください。
  • Request.Key ファイルで、前回ご利用の PC と同一であると確認した場合に限り、再認証費用の入金を確認次第、新しい Activation.Key を発行致します。
 
 

■認証状況を他の PC に移転できますか?

 
  • 大変申し訳ありませんが、認証状況を他の PC に移転することはできません。
  • MA-Manager は、製品版としての利用を開始した PC (有効期限を実質無期限にした PC) でのみご利用いただけます。
  • その理由は、以下の通りです。
    ① 認証に関する操作を可能な限りシンプルにするためです。
    ② 仮に有効期限を前倒ししたとしても、サーバーを介していないためにその実施を証明できないからです。
    ③ 前①②の理由により、有効期限を実質無期限にした状態では、下記のように認証用のボタンが使えなくなります。
 
 

■MA-Manager を Windows 8 にインストールするにはどうしたらいいですか?

 
  • Windows 8 は初期状態で .NET Framework 2.0 が組み込まれていません。
  • コントロールパネルから、下図の「Windows の機能の有効化または無効化」を開いてください。
  • .NET 2.0 を有効にした後は、MAM_Setup.msi だけでもインストールできます。