使用前の設定 (HD 静止画連写 & 動画撮影ツール)

1. CCI-Pro を起動する前に

  • Web カメラを PC に接続してください。
  • Web カメラの説明書に従い、PC に認識されていることを確認してください。
 

2. CCI-Pro を起動する

  • デスクトップのショートカットで CCI-Pro を起動してください。
  • デスクトップに CCI-Pro のショートカットを置きたくない場合は、右クリックで削除しても構いません。
    削除した場合は、[スタートメニュー]、[すべてのプログラム]、[COSMOSOFT]、[CCI-Pro] で起動できます。
 

3. Web カメラの選択

  • ツールボタンが並ぶ左端のリストボックスで、映像を表示する Web カメラを選択してください。
  • Web カメラの既定の解像度で映像が表示されれば、CCI-Pro は正常に動作しています。
    Web カメラの映像が表示されない場合は、CCI-Pro でご利用いただけないカメラです。
 

4. [設定(O)...]ボタンを押し、「複数連写」の設定

  • CCI-Pro を初めて起動した状態では、初期値が右図のような設定になっています。
  • 10秒毎に静止画を撮影するよう設定されていますが、その画像を保存する場所(フォルダ)が指定されていません。
  • 複数撮影される静止画のファイル名は、CCI-Pro が自動的に決めるので、まず最初にその保存場所とするフォルダ名を指定してください。
  • [参照(F)...] ボタンを押し、新しいフォルダを作成するなどして、保存先を決めてください。
  • <例> E:\DATA_CCI-Pro
    ※ファイル名ではなく、フォルダ名を指定してください。
  • 直ぐに撮影を試す場合は[OK]ボタンでダイアログを閉じ、赤い丸の付いた録画開始ボタン [] を押してください。
 

5. 「単一連写」の設定

  • 時々刻々と1枚の静止画に上書きを繰り返す場合は、右図のタブに切り替えてください。
  • ここでは[複数連写]と違って、保存ファイル名を指定しなければならないことにご注意ください。
  • <例> E:\DATA_CCI-Pro\Single.JPG
 

6. 「FTP転送」の設定

  • 撮影した画像を Web Server に FTP で転送する場合は、時々刻々と、FTP 転送専用の1枚の静止画に上書きして PC に保存しながら、それをリサイズして転送します。
  • そのため[単一連写]の1枚とは別に、FTP 転送専用の1枚を撮影することになります。ここでは、そのファイル名を指定してください。
  • <例> E:\DATA_CCI-Pro\FTP_Photo.JPG
 

7. 「動画撮影」の設定

  • 動画のファイル名は CCI-Pro が自動的に決めるため、ここではその保続先フォルダ名を指定してください。
  • <例> E:\DATA_CCI-Pro
  • [複数連写]の保存先フォルダ名と同じでも、別でも構いません。実際に動画が保存される際には、更に年月日のフォルダが作成され、その中に保存されます。