ストアを開く

COSMOSOFT

全面 Google 地図

GPS 動作テスター

楽地図+GPS Logger Ⅱ

 

 

 

 

 

 

ようこそ、『全面 Google 地図+』の使い方へ

【小さな画面のタブレットなどで、画面全体を使って Google 地図を表示するためのアプリです。】

 

主な機能

  • 画面全体に Google 地図だけを表示します。(インターネットへの接続が必須です。)
  • PC が GPS を搭載している場合は、位置情報を取得して現在位置示し、指定された間隔で定期的に更新できます。
  • ツールバー、メニューバー、お気に入りもアドレスバーもない、Google 地図だけで画面を目いっぱい使うためのアプリです。
  • 単に Google 地図を快適に使うためだけのアプリですが、現在の表示状態をそのまま住所録に保存し、再現できます。
  • センターマークをダブルタップすると、その時点の表示状態で現在位置を表示できます。
  • アプリを終了する時点の表示状態を自動的に保存し、次回の起動時に同じ状態を再現できます。
  • GPS による現在位置の自動更新間隔は、10~90秒の範囲で指定できます。
  • 現在表示している地図の状態を、タイトルを付けて住所録に最大100件まで登録できます。
  • 既定の場所に保存される住所録は、任意のファイル名でバックアップできます。
  • バックアップしておいた住所録は、いつでも既定の場所に復元できます。
  • ブラウザが表示しているサイトの URL アドレスを、確認のために表示できます。
  • ブラウザが表示しているサイトの URL アドレスを、コピーできます。
  • ブラウザが表示しているサイトの URL アドレスを、メールで送信できます。
  • ブラウザが表示しているサイトの URL アドレスを、既定のブラウザで開けます。
  • 地図の表示状態に異常が発生した場合は、いつでも表示状態を初期化できます。

 

初めての起動で一度だけ実施

  • アプリが位置情報を取得するためには、ユーザーの許可が必要ですので、以下の問いに必ず[許可]を選択してください。
    【Google 地図の最新バージョンが表示された場合】


    【Google 地図の旧バージョンが表示された場合】

Google 地図の旧バージョンが表示された場合(最新版への変更が必須)

  • 上図のような旧バージョンの地図が表示された場合は、赤枠で示した部分を順にクリックすると最新版に切り替わります。



 

Google 地図の最新版

  • 最新版(2014年9月2日現在)では、下図のように表示されます。

 

GPS を搭載している場合

  • GPS が搭載されている PC は、時間の経過と共に GPS の精度が次第に向上します。(主に野外でご利用の場合)
  • 画面上部の表示がほぼ【精度:20m】以下になったら、センターマークをダブルタップしてください。
    センターマークが現在位置を示すように、常に標準の地図に切り替えて移動します。
  • GPS 搭載の有無を確認するには、『GPS 動作テスター』を参考にしてください。

 

GPS を搭載していない場合

  • Windows 8.1 は GPS 以外の方法で位置情報を探るので、アプリのご利用には何も問題はありません。
  • Windows 8.1 は Wi-Fi、IP Address などから位置情報を探るので、あまり正確な位置は得られません。
  • 画面上部の表示がいつも【精度:100m】を超えるている場合、GPS はほぼ非搭載と考えられます。
  • 画面中央のセンターマークが殆ど役に立たないので、オプションで「起動時にセンターマークを表示」をオフにしてください。

 

タッチ・キーボードを非表示にする方法

  • GPS による位置に定期的に更新すると、状況により地図が再表示される度にタッチ・キーボードが現れます。
    これは、地図の左上に検索文字列の入力エリアがあり、更新の度にフォーカスがそこに移動するためです。
    この時、タッチ・キーボードを表示させたくない場合は、以下の順にタッチして非表示にしてください。
    【下図の白枠部分をタッチ】


    【下図の赤枠部分をタッチ】

 

オプションの設定

  • オプションを設定するには、チャームの[設定]で表示される[オプション]を選択してください。
    または、アプリバーを表示して[オプション]のボタンをタップしてください。

 

住所録に追加

  • 地図、地図の検索結果、衛星写真、航空写真、ストリートビュー、フォトツアーなど、どのモードでも住所録に追加できます。

 

住所録の編集

  • 住所録に登録された地図を呼び出す際には、個々に表示して確認しながら選択できます。
    素早く表示するには、リストボックス側で目的地をダブルタップしてください。

 

地図キャプチャ画像の保存場所

  • キャプチャされた地図の JPEG 画像は、「ピクチャ」の「カメラ ロール」フォルダに保存されます。
  • センターマーク、精度の文字、URL、住所録の登録や編集の窓は、キャプチャされた画像に含まれません。

 

重要な注意事項

  • Google 地図は利用者が非常に多いので、高速な通信環境でないと素早く表示されないことがあります。
    低速なモバイルでご利用の場合は、GPS による自動更新間隔をなるべく長めに設定してください。
  • 最後に表示された状態を記憶するタイミングは、ページが完全に表示された(正常に読み込まれた)時点です。
    地図は移動毎に全体が再表示される Web ページのため、完全表示の所要時間は通信速度に大きく影響されます。
    そのため、たとえ GPS が1秒間隔で位置を取得しても、残念ながらそれを直ちに反映させられません。
    ほぼリアルタイムに現在位置を地図に反映させたい場合は、『楽地図+GPS Logger Ⅱ』をお薦めします。
  • 住所録の内容をすべて削除してから終了すると、次回の起動時に住所録が読み取れず、起動できなくなる場合があります。
    このような場合は一度アンインストールし、再インストールすると正常に起動できます。

 

モバイルでご利用になる場合(個人的見解)

 

プライバシー・ポリシー

  • このアプリは、お客様の許可によって得られる位置情報を画面に表示するだけで、個人情報は一切取得しておりません。
  • また、得られた位置情報はお客様だけがご利用可能であり、他者及び第三者に転送することはありません。
  • このアプリは、動作中のいかなる場面に於いても、お客様に個人情報の提供を要求することはありません。

 

その他のアプリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
     
 

 

Copyright © 1989-2014 Cosmosoft All Rights Reserved.