Windows 7 カスタマイズ(使い慣れたOSのように使い易く)

クイック起動を利用可能にする方法

  • Windows 7 では、タスクバーの使い慣れた「クイック起動」がなくなり、その代わりと思われる「タスクバーボタン」が登場しました。
  • 機能的には「クイック起動」のアイコンより優れているかも知れませんが、ボタンの幅がやや広いため、多数並べるとちょっと邪魔です。
  • そこで、XP や Vista で使い慣れて、なくては困る存在になっている「クイック起動」を使えるようにします。

 

  1. 最初に、拡張子の表示と、隠されて見えないファイルとフォルダを見えるようにします。タスクバーで「エクスプローラー」を起動して、[Alt]キーをワンタッチしてメニューバーを表示し、「ツール(T)」、「フォルダー オプション(O)...」を選択します。
     
      
  2. タスクバーを右クリックして、「ツールバー(T)」、「新規ツールバー(N)...」を選択したら、以下のフォルダを選択します。
    C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\Internet Explorer\Quick Launch

    [言語バー]が非ドッキング状態で、タスクバーの右端が下図のようになります。
    「Quick Launch >>」の部分が、ツールバーが追加された状態を示します。

    ツールバーを右クリックして「タスクバーを固定する(L)」のチェックマークをはずします。

    [スタート]ボタンの右側のハンドルを「Quick Launch >>」の右までドラッグします。

    すると「Quick Launch >>」は、下図のように[スタート]ボタンの右に移動します。

    次に、[Quick Launch]ツールバーを右クリックして、「ボタン名の表示(X)」と「タイトルの表示(W)」のチェックマークをはずします。

    そして、先に右側に移動しておいたタスクボタンのハンドルをドラッグし、「クイック起動」の右側まで移動します。

    タスクバーで右クリックして「タスクバーを固定する(L)」にチェックマークを付けます。

     
  3. タスクバーボタンを非表示にする場合は、右クリックして「タスクバーにこのプログラムを表示しない」を選択します。

 

 

その他のカスタマイズ

  • Windows 7 の DVD を利用してクリーン・インストールした場合は、その他のカスタマイズを参考にしてください。"Win7_Customizing.pdf"